病院へ行きましょう

体重が40kg以下になったら病院へ行きましょう。(ここでは
身長160cmで54kgを基準に考えています。)

自覚がないと病気とは思わないのできっかけは難しいでしょ
うが、拒食症は慢性化すると治りにくくなります。

拒食症になって体重が極度に低下すると、さまざまな他の症
状がでてきます。

むくみや低体温、低血圧、女性の場合は無月経などです。

普段接している家族も注意して見ることが必要です。ただ一
人暮らしの場合は不可能ですので、本人のいっそうの自覚が
必要です。

では病院やクリニックにいく場合、何科がいいのでしょうか。

本来は拒食症や過食症を専門とする心療内科や精神科が良
いのですが、専門の医師が少ないのが現実です。

一般には女性特有の症状もあれば産婦人科へ。精神的な症
状があれば精神科へなどと症状に合わせて受診するのが良
いでしょう。

もし迷ったら内科に行きましょう。診察の結果によって専門医
を紹介してくれます。

また市町村の保健所や保健関係の窓口でも相談に応じてくれ
る場合もありますので、電話をして見ましょう。